メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日21世紀フォーラムから

第174回例会 日本の歩むべき道 小泉純一郎・元首相

毎日21世紀フォーラムで講演する小泉純一郎元首相=大阪市北区で2018年7月13日、望月亮一撮影

 異業種交流組織「毎日21世紀フォーラム」の174回例会が13日、大阪市北区の帝国ホテル大阪であり、小泉純一郎元首相が「日本の歩むべき道」と題して、約250人を前に講演した。小泉氏は、2011年の福島第1原発事故をきっかけに主張するようになった「脱原発」について、日本では未解決なままの核廃棄物の最終処分問題などをあげて、その理由を力説。再生可能エネルギーの強化というエネルギー政策の転換を促し、「原発ゼロでも十分やっていける」と訴えた。【まとめ・土居和弘、撮影・望月亮一】

この記事は有料記事です。

残り3344文字(全文3581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです