メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野区

パートナー宣誓 来月から受け付け 区内の同性カップル対象 /東京

 中野区は、お互いを人生のパートナーとする宣誓書を提出した同性カップルに対して、受領証を発行する「中野区パートナーシップ宣誓」の予約を8月20日から受け付ける。希望するカップルには、療養看護や財産管理を相手に委任することを明記した公正証書などの受領証も交付する。24日の定例記者会見で酒井直人区長が明らかにした。

 対象は、双方20歳以上で配偶者がなく、区内の同一地に在住・転入予定のある戸籍上の性が同じカップル。区の確認書・宣誓書に人生のパートナーであることを記入し、住民票や戸籍抄本などを添えて提出する。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです