葛飾の貨物専用線

小岩-金町、新金線に旅客列車を 南北結ぶ交通網脆弱 区も実現に向け模索 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

高齢化も背景に

 葛飾区内を南北に走る貨物専用線・新金(しんきん)線(通称)に、旅客列車を走らせようという機運が高まっている。同区は南北を結ぶ交通網の脆弱(ぜいじゃく)さが長年の課題。過去に頓挫した計画だが、区民の高齢化などを背景に再び脚光を浴びている。旅客化を望む区民の声に呼応するように、区も検討委員会を設けるなど、実現に向けて模索を始めた。【川村咲平】

 新金線はJR総武線の支線。小岩(江戸川区)-金町(葛飾区)を結ぶ8・9キロの単線で、1926年に開業した。かつては1日に数十本の貨物列車が行き来したが、武蔵野線や京葉線の開通などで千葉方面への貨物輸送が減少し、現在は貨物列車が1日に4往復するだけとなった。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1103文字)

あわせて読みたい

注目の特集