メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラムが見る現代科学

神と火星と進化論/5止 変わらぬ水への渇望 氷山運んでくる計画も

シリア内戦でアサド政権と反体制派が奪い合った山岳地帯の水道施設=シリア南部アインフィージャで2017年12月21日、篠田航一撮影

 中東諸国も夏本番を迎え、深刻なのが水不足だ。イラクでは7月に入り気温40度前後の猛暑が続く中、主に砂漠地帯の南部で断水や停電が頻発。市民は貧弱な公共サービスに憤り、抗議デモを起こしている。

 イスラム教の聖典コーランには水の重要性が記されている。善人には天国で豊かな川が用意されるが、悪人は地獄で熱湯をかけられ、渇きの苦しみが待つという。過酷な自然環境に生きてきた中東の人々にとって、水への渇望は預言者ムハンマドの生きた7世紀から何も変わっていない。

 2011年から続くシリア内戦でも、水を巡る攻防が繰り広げられた。反体制派勢力は13年、首都ダマスカ…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです