メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松下康雄さん死去

バブル後始末に奔走 接待汚職、総裁引責

日銀接待汚職事件の責任をとって、ともに辞任した松下康雄総裁(当時、写真左)と福井俊彦副総裁(同右)=東京都中央区の日銀で1998年3月17日、西山正導撮影

 24日までに死去した松下康雄さんは、大蔵省(現財務省)事務次官、旧太陽神戸銀行頭取などを経て、1994年12月に日銀総裁に就任。長期の景気低迷下での不良債権処理や金融危機への対応に当たったが、最後は日銀接待汚職事件で引責辞任を強いられた。

 一方で、日銀の独立性を高めるための日銀法改正にも尽力。現在の金融政策の足場を築いた。

 旧大蔵省では、官房長や主計局長などを歴任。主計局長時代には各省庁の予算要求の伸び率をゼロに抑え込む…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです