メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/349 第9章 29=高村薫 田中和枝・挿画監修

 晴れた冬空の下の味の素スタジアムには、娘を姑(しゅうとめ)に預けて出てきた真弓夫婦の姿がある。大学時代にラグビーをやっていた夫に付き合って、今年最後のラグビーのトップリーグの試合を観(み)に来た。地元府中の強豪同士、サントリーと東芝がぶつかる第13節で、八千人近い観客が入ったスタンドは、午後一時のキックオフ直後から東芝の積極的なアタックが続いて、沸きに沸く。真弓はとくにラグビーファンでもないが、フェーズのたびに拳を握り、スクラムからボールが抜けだせば歓声を上げ、トライやコンバージョンでベンチから飛び上がる夫の隣で自分も大学時代の心身に戻ってゆく、この時間が好きだ。いつの間にか東芝が二つ目のトライを決めて、スタジアムの底が割れるかと思う歓声に、夫と二人で呑(の)み込まれるこの一体感も。

 その同じ歓声の下には、合田と友人の判事の姿もある。合田は毎年、年の瀬には秩父宮か味の素のどちらかへ…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文956文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです