メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 差別のない社会目指す 障害者ら、衝撃乗り越え

「障害を理由に誇りや尊厳が奪われるようなことを許してはいけない」と語る五位渕真美さん=東京都千代田区で18日

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から間もなく2年。障害者差別を顕在化させた出来事に傷つき、悩みながらも、誰もが分け隔てなく暮らせる社会を目指して活動を続ける当事者や、その家族がいる。

悩み相談・五位渕さん 共生諦めない

 2年前の7月26日朝。NPO法人「障害者インターナショナル日本会議」(東京都千代田区)の事務所の相談用電話が鳴り響いた。受話器を取ると、精神障害のある男性が慌てふためいていた。「えらいことになった」

 障害者の虐待や悩みの相談に当たっている社会福祉士の五位渕真美(ごいぶちまみ)さん(39)は、やまゆり園事件を知った時の衝撃を忘れない。元職員の植松聖被告(28)の「障害者は不幸しか生まない」という供述がニュースで流れ、背筋が凍りついた。

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです