メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 精神疾患措置入院 退院後支援、法整備進まず 割れる現場「監視強化」批判も

病院の担当者と患者の退院後支援について電話で話し合う相模原市職員=相模原市役所で、原田啓之撮影

 相模原市の障害者施設殺傷事件では、精神疾患で強制的に入院措置が取られた患者の支援のあり方に焦点が当たった。国は退院後の支援の充実を決めたが、その根拠となる精神保健福祉法の改正はいまだにされず、対応は自治体間で分かれている。当事者の中には、退院後支援が入院歴のある人への監視強化につながるとの批判もあり、法改正のめどは立っていない。

 殺人罪などで起訴された植松聖被告(28)は、事件前に障害者の殺害計画を書いた手紙を衆院議長公邸に持…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1062文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです