大戸屋

福島の郷土料理メニュー 地元高校生が開発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大戸屋と協力して定食メニューを開発した生徒5人=福島県広野町下浅見川の県立ふたば未来学園高で2018年7月11日、乾達撮影
大戸屋と協力して定食メニューを開発した生徒5人=福島県広野町下浅見川の県立ふたば未来学園高で2018年7月11日、乾達撮影

 福島県広野町の県立ふたば未来学園高校の3年生5人が定食チェーン「大戸屋ホールディングス」(東京)と協力し、郷土料理を生かしたメニューを開発した。主菜は会津名物のソースかつ。試食した窪田健一社長は「地域の家庭料理のやさしい味を全国に届けたい」とゴーサインを出し、10月15日から全国356店舗でメニューに入ることが決まった。

 コールスローの上にのせたソースカツ。しみ豆腐を鶏肉と合わせたつみれと、酸味の利いたマリネ風にアレンジしたいかにんじんを添えた。汁物は楢葉町のマミーすいとんで、ホウレンソウをすいとんに練り込んで彩りを加えた。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文599文字)

あわせて読みたい

ニュース特集