メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日ハム移転

行政支援、最大210億円 北広島市が試算

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想について、北海道北広島市は24日、JR新駅や球場へのアクセス道路などの行政支援の総費用が約120億~210億円程度になるとの概算を発表した。道や国、JR北海道などと費用の分担や補助について協議を進めている。同日の市議会ボールパーク特別委員会で、市の担当課が報告した。

 行政支援について、概算が示されたのは初めて。日本ハムは年内にボールパーク建設を正式に決め、2023年春の球場開業を予定している。市はボールパーク誘致にあたり、行政支援と税減免を約束していた。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです