メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地観光に打撃 岡山、宿泊解約10億円

美観地区を歩く観光客ら。西日本豪雨により、観光客の数は激減しているという=岡山県倉敷市で2018年7月24日午後2時50分、川平愛撮影

 西日本豪雨の被害が甚大だった岡山、広島、愛媛の各県ではホテルや旅館の宿泊のキャンセルが相次ぐなど、観光産業にも大きな影響が出ている。岡山県は24日、豪雨以降で約10億円分のキャンセルが生じたと推計し、広島県も同日、飲食なども合わせ約45億円の影響が出ていると発表した。猛暑の影響や風評被害も加わり、「観光客数の回復にはしばらく時間がかかる」と懸念する声が出ている。

 岡山県によると、大雨特別警報が出た今月6日以降、18日までの抽出調査で少なくとも約3万5000人、総額で3億5000万円の宿泊のキャンセルがあった。特に7月分が多かった。県全体の推計では約10万人、約10億円に上る。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです