メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地観光に打撃 岡山、宿泊解約10億円

美観地区を歩く観光客ら。西日本豪雨により、観光客の数は激減しているという=岡山県倉敷市で2018年7月24日午後2時50分、川平愛撮影

 西日本豪雨の被害が甚大だった岡山、広島、愛媛の各県ではホテルや旅館の宿泊のキャンセルが相次ぐなど、観光産業にも大きな影響が出ている。岡山県は24日、豪雨以降で約10億円分のキャンセルが生じたと推計し、広島県も同日、飲食なども合わせ約45億円の影響が出ていると発表した。猛暑の影響や風評被害も加わり、「観光客数の回復にはしばらく時間がかかる」と懸念する声が出ている。

 岡山県によると、大雨特別警報が出た今月6日以降、18日までの抽出調査で少なくとも約3万5000人、…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1053文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 消防団員 無活動1548人、報償7900万円 県都で
  5. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです