メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

観光シーズン閑散 被災に風評 倉敷、宮島

美観地区を歩く観光客ら。西日本豪雨により、観光客の数は激減しているという=岡山県倉敷市で2018年7月24日午後2時50分、川平愛撮影

 夏の本格的な観光シーズンを迎え、西日本豪雨が被災地の観光に影を落としている。直接的な被害を受けた地域だけでなく、少なかった地域にも風評被害が広がっており、関係者が頭を悩ませている。

 「1、2月の閑散期以上に人が少ない。こんなのは初めてです」

 白壁の土蔵や町家が並び、江戸時代の面影を残す岡山県倉敷市・美観地区。箸専門店の店員、大川敏江さん(48)はため息をついた。色とりどりの箸が並ぶ店は2009年にオープン。普段は夏休みに入ると多くの人でにぎわうが、今年は地区全体が閑散としている。「うちの店も昨日のお客さんは5人だけ。豪雨による被害はなかったのに、倉敷というだけでひとくくりにされているように感じる」

 地区の人気スポット、大原美術館も客足が減っている。広報担当リーダーの高橋弥恵さん(39)は猛暑の影響もあるとしつつ、「『アクセスは大丈夫か』『水没していないか』という問い合わせをいただく。団体のキャンセルも数件あった」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです