メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

観光シーズン閑散 被災に風評 倉敷、宮島

美観地区を歩く観光客ら。西日本豪雨により、観光客の数は激減しているという=岡山県倉敷市で2018年7月24日午後2時50分、川平愛撮影

 夏の本格的な観光シーズンを迎え、西日本豪雨が被災地の観光に影を落としている。直接的な被害を受けた地域だけでなく、少なかった地域にも風評被害が広がっており、関係者が頭を悩ませている。

 「1、2月の閑散期以上に人が少ない。こんなのは初めてです」

 白壁の土蔵や町家が並び、江戸時代の面影を残す岡山県倉敷市・美観地区。箸専門店の店員、大川敏江さん(48)はため息をついた。色とりどりの箸が並ぶ店は2009年にオープン。普段は夏休みに入ると多くの人でにぎわうが、今年は地区全体が閑散としている。「うちの店も昨日のお客さんは5人だけ。豪雨による被害はなかったのに、倉敷というだけでひとくくりにされているように感じる」

 地区の人気スポット、大原美術館も客足が減っている。広報担当リーダーの高橋弥恵さん(39)は猛暑の影…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1003文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです