メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦帯橋

県と岩国市 世界遺産目指し、今秋に共同提案書

世界遺産暫定リスト入りを改めて目指す山口県岩国市の錦帯橋=岩国市で2017年4月29日、門田陽介撮影

 山口県岩国市の国の名勝・錦帯橋の世界文化遺産登録を目指す県と市は、国が国内推薦候補を記載する「暫定リスト」入りを目指し、今秋にも文化庁へ共同提案書を提出する。24日、山口市であった錦帯橋世界文化遺産登録推進協議会で報告された。

     「錦帯橋と岩国の町割(城下町)」は、2007年と08年に2年連続でリストから漏れたが「価値の証明作業が相当程度進展した段階で改めて審議すべき」とする「カテゴリー1a」に分類されていた。

     岩国市が設置した専門委員会は落選後、対象から「町割」を外したうえで、洪水などで何度も再建された錦帯橋が、往年のデザインを連綿と受け継ぎ、架け替え技術が伝承された文化遺産としての価値があると内容を整理。1699年の架け替え時の図面などで証明する方針もまとめた。

     世界遺産は、国が暫定リストの中から国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出した中から決定される。【祝部幹雄】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
    2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
    3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
    4. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
    5. 大阪府警 富田林署から勾留中の容疑者が逃走

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです