メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスクリン

入浴剤「日本の名湯 別府」 地元と共同開発

新しい入浴剤を発表する右から長野市長、古賀社長、西田会長=大分県別府市のホテル白菊で2018年7月24日午前10時41分、大島透撮影

 入浴剤を製造販売するバスクリン(本社・東京)と、大分県別府市、同市旅館ホテル組合連合会は24日、共同開発した新しい入浴剤「日本の名湯 別府」を発表した。昨年11月に包括連携協定を結んだ3者が、協議を重ね商品化した。

 発表の記者会見には、古賀和則社長、長野恭紘市長、西田陽一会長らが出席した。同社は登別や熱海など全国16の有名温泉地と一緒に開発した入…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです