原発事故対応訓練

東電は低評価 規制委「許しがたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原子力規制委員会は25日の定例会で、昨年度に電力各社と実施した原発の事故対応訓練の評価結果を議論した。東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)であった訓練で、東電内部や規制委との情報共有を最低ランクとするなど、東電の評価が低かった。委員からは「福島第1原発事故を起こした東電の評価が低いのは許し難い」など厳しい意見が相次いだ。

 訓練は原子力災害対策特別措置法に基づき、各原発で原則年に1回実施。柏崎刈羽原発の訓練は今年3月、「震度6強の地震で、外部電源を喪失した」との想定で行われた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文437文字)

あわせて読みたい

注目の特集