メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

野球の稲葉監督「福島県民とともに戦いたい」

あづま球場で開幕戦を迎える意気込みを語る野球日本代表の稲葉篤紀(左)とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督(中央)。右は内堀雅雄知事=福島市太田町で2018年7月24日、柿沼秀行撮影

 2020年東京五輪の開幕まで2年となった24日、野球とソフトボールの開幕試合が開催される県営あづま球場がある福島市で、野球日本代表の稲葉篤紀監督とソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督、内堀雅雄知事らによるパネルディスカッションが開かれた。両監督は福島で県民と共に戦って勢いに乗りたいと語り、「復興五輪」成功への意気込みを新たにした。【柿沼秀行】

 大会組織委員会の2年前カウントダウンイベントの一環で、県が主催。県や各市町村などでつくる大会の推進…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです