メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水省人事

現次官、改革に功罪 新次官、成果に道筋課題

末松広行氏

 農林水産省は24日、奥原正明事務次官(62)が退任し、後任に末松広行・経済産業省産業技術環境局長(59)を充てる人事を発表した。27日付。末松氏は農水省からの人事交流で2016年6月から経産省に移り、技術開発政策などを担当してきた。農水省は林野庁や水産庁の長官から次官に昇格する例が多く、今回は経産省から復帰していきなり次官に就く異例の人事となった。

 安倍政権は成長戦略の柱の一つに「攻めの農林水産業」を掲げる。2年間次官を務めた奥原氏はそのけん引役として、農協改革などを進めてきた。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです