メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水省人事

現次官、改革に功罪 新次官、成果に道筋課題

末松広行氏

 農林水産省は24日、奥原正明事務次官(62)が退任し、後任に末松広行・経済産業省産業技術環境局長(59)を充てる人事を発表した。27日付。末松氏は農水省からの人事交流で2016年6月から経産省に移り、技術開発政策などを担当してきた。農水省は林野庁や水産庁の長官から次官に昇格する例が多く、今回は経産省から復帰していきなり次官に就く異例の人事となった。

 安倍政権は成長戦略の柱の一つに「攻めの農林水産業」を掲げる。2年間次官を務めた奥原氏はそのけん引役…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文581文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです