メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

日大、悪質タックル「内田前監督に責任ある」

内田正人前監督=丸山博撮影

 日本大が関東学生アメリカンフットボール連盟に提出したチーム改善報告書で、悪質タックルは内田正人前監督(62)に責任があると認めていたことが24日、関係者への取材で明らかになった。5月6日の関西学院大との定期戦以降、日大が責任の所在を明確にしたのは初めて。これまで日大は「選手の受け止め方との乖離(かいり)」などと曖昧にしていた。

 日大が設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)は6月29日に公表した中間報告書で悪質タックルをした選手に内田氏が「やらなきゃ意味ないよ」と指示したと認定した。これを受けて作成された日大の改善報告書は、第三者委の事実認定を「真実として尊重する」と内田氏の責任を認めた。そのうえで悪質タックルが起きた原因として、内田氏による勝利至上主義や、内田氏を含めた指導者らのルール順守や暴力への批判に対する…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです