メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

日大、悪質タックル「内田前監督に責任ある」

内田正人前監督=丸山博撮影

チーム改善報告書で認める

 日本大が関東学生アメリカンフットボール連盟に提出したチーム改善報告書で、悪質タックルは内田正人前監督(62)に責任があると認めていたことが24日、関係者への取材で明らかになった。5月6日の関西学院大との定期戦以降、日大が責任の所在を明確にしたのは初めて。これまで日大は「選手の受け止め方との乖離(かいり)」などと曖昧にしていた。

 日大が設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)は6月29日に公表した中間報告書で悪質タックル…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです