メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第2部 源流を探る/番外編 キーパーソンに聞く「このままでは三流国に」

インタビューに答える尾身幸次・元科学技術政策担当相=東京都千代田区で2018年6月25日午後4時15分ごろ、斎藤有香撮影

 --1995年に科学技術基本法を作った経緯は?

 初めての科学技術の法律で2年がかりだった。当時日本はバブルが崩壊し、経済が活力を失っていた。資源が乏しく、国土の狭い日本を再び強い国にするという大きな課題を成し遂げるには、「科学技術創造立国」を目指し、頭脳で勝負する以外に道はない。資質の高い人材を一人でも多く育てて、科学技術で日本を強くするしかないと思った。

 --研究開発資金の確保が初めて明記されました

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです