連載

東南アジア探訪記

東南アジアのホットな話題を現場からお伝えします。

連載一覧

東南アジア探訪記

川の悪臭にふたをする!?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
川を覆うように張られた悪臭対策のネット。奥に見える高層ビル群がアジア大会の選手村=ジャカルタで2018年7月23日、武内彩撮影
川を覆うように張られた悪臭対策のネット。奥に見える高層ビル群がアジア大会の選手村=ジャカルタで2018年7月23日、武内彩撮影

 臭いものにはふたをしろ--とばかりに、どぶ川をネットで覆う悪臭対策がインドネシアで始まった。8月18日にジャカルタなどで開幕するアジア大会で、各国の選手団を迎える準備の一環だ。インドネシアにとってアジア大会は、街の発展ぶりを世界に見せる絶好の機会。街中では急ピッチで歩道の整備やバス停などのペンキ塗り直しが行われ、一夜にして見慣れた景色が変わるほどだ。そして、悪臭対策もしなければ、ということのようだ。

 アジア大会の期間中、日本を含む各国から参加する1万人以上の選手団がジャカルタ市内に新築された選手村に滞在する。高層建物10棟からなる選手村があるのは、ジャカルタ北部クマヨラン。家屋が肩を寄せ合うように密集し、家族を乗せたバイクがひっきりなしに行き交う「下町」に隣接する。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1490文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集