特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はや2くん質問箱

採取したサンプルを入れておく保冷庫はあるの?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
拡大

 Q 採取したサンプルは有機物になる可能性が高いですが、地球に戻ってくるまで熱で変質しないようない保冷庫みたいな工夫はあるのでしょうか?(グレート・58歳)

 A はやぶさ2のカプセルには保冷庫はありません。初代はやぶさのカプセルは、地球の大気へ飛び込んだときに、その表面温度が3000度にもなったと言われています。しかし、カプセルの中は100度以下に保たれました。100度というと温度が高いと思われるかもしれませんが、はやぶさが訪れた小惑星イトカワでは、(太陽が当たっているときは)表面温度が100度近くまで上がることがあります。ですから、カプセルの中の温度が100度くらいまで上昇しても問題はないわけです。

 はやぶさ2が行くリュウグウについても、その表面温度はイトカワと同じくらいになるものと思われます。ですから、カプセルに保冷庫はなくて大丈夫です。リュウグウの温度は、TIR(中間赤外カメラ)で測定し、これから正確に分かります。


 探査機「はやぶさ2」の旅や機体のこと、小惑星リュウグウの素顔、太陽系探査のこれからなど、なんでもQ&Aを紹介します。「!」や「?」がいっぱい見つかるはずです。このコーナーは、日本惑星協会の「『はやぶさ2』どんなことでも質問 ” 箱 ”」から許可を得て転載しています。質問がある場合は、同協会のウェブサイトから投稿してください。

【はやぶさ2】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集