メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第70回毎日書道展の特別展示「墨魂の昴-近代書道の人々」 黎明期に光を

 第70回毎日書道展の特別展示「墨魂の昴-近代書道の人々」(8月5日まで、国立新美術館)は「現代の書」の黎明(れいめい)期に光を当てた時宜を得た企画だ。

 第50回展の時に開かれた「墨魂の巨匠-現代の書50年」と合わせて「明治150年」の書の歴史を再検証する契機としたい。

 今回展は明治維新から昭和20年の終戦までの変革と激動の時代を生きた書人に焦点を当てている。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです