メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 鹿児島県薩摩川内市の甑(こしき)島で、恐竜絶滅時期に近い約7000万年前のハドロサウルス類の大腿(だいたい)骨の化石が見つかり、島内の市鹿島支所で「日本最後の恐竜化石」として公開が始まった。化石は長さ約70センチ。「海岸にある断崖状の地層部分へ船で渡り、地質調査中でした。『あ、骨だ』とすぐ分かり、思わず抱きしめました」。市職員の三宅優佳(ゆか)さん(31)は発見時の興奮を振り…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです