メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

県断酒連合会長 竹中保夫さん(67) /岩手

竹中保夫(たけなかやすお)さん(67)

 「会があったから、家族の支えがあったから、今の自分がある」。今年4月、アルコール依存症患者とその家族らでつくる県断酒連合会の会長に就任した。

 講演では、自らの体験を赤裸々に語る。20代の頃、仕事や飲み仲間とのつきあいのなかで、初めはコップ1、2杯だった酒量は増加。過度の飲酒で腸閉塞(へいそく)を患ったこともある。飲まないときは優しいが、飲むと荒れる。影響は親子関係にも及んだ。「今思えば、人の親とは言えなかった」

 飲み過ぎで冷や汗や寝汗がひどくなり、夕方になると手が震えた。妻の勧めで受診し、アルコール依存症と診…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです