熱中症予防

「暑さ指数」計測機導入 名取市、全15小中学校に /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名取市は25日、市立下増田小(同市美田園)で児童38人が熱中症の症状を訴え病院に搬送されたことを受け、全市立小中学校に熱中症の危険度を示す「暑さ指数」の計測機を導入すると発表した。

 暑さ指数は、気温▽湿度▽日射など周辺の熱環境--の三つを取り入れた指標で、単位は度数で表される。環境省は今年4月から全国840地点の1時間ごとの数値を実況し、「ほぼ安全」~「危険」(暑さ指数31度以上)の5段階で知らせている。ただ、名取市はこの観測地点に…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集