メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 仮設退去、続く見守り 社協、被災者の課題報告 /福島

高齢者の孤立や運動不足/若年層の生活困窮も

 県内の社会福祉協議会(社協)担当者らが集まり、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で避難した住民の見守りや相談活動の在り方を考える会合が、福島市であった。生活支援相談員による住民対応は年々減る一方、生活困窮者の増加や高齢者らの孤立を危惧する声も。仮設住宅の退去が進み、市町村をまたいだ住民の転居も相次いでおり、自治体間の連携や、地域住民同士の見守り体制の充実が必要だとの指摘もあった。【尾崎修二】

 被災者をサポートするために、各社協が雇用する「生活支援相談員」は2011年7月に配置が始まり、仮設…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文971文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです