第100回全国高校野球

茨城大会 集中打で土浦日大V 四回6点奪い逆転 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念茨城大会(県高野連など主催)は25日、ノーブルホームスタジアム水戸で決勝が行われ、土浦日大が常総学院を6-1で降し、2年連続4回目となる夏の甲子園出場を決めた。土浦日大は四回に一挙6点を奪って逆転すると、主戦・富田卓投手(3年)が8奪三振1失点で完投し、最後までリードを守りきった。夏の甲子園は兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で8月5日に開幕する。【川崎健、庭木茂視】

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1328文字)

あわせて読みたい