メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

静岡・富士宮 富士山麓落花生 甘みと歯ごたえPR 地元高校生も一役買う /東京

 落花生は一般的に乾燥している。だが、落花生の産地の静岡県富士宮市は、ゆでて食べる習慣があるそうだ。地元産の落花生を「名峰富士」にちなんで「富士山麓(さんろく)落花生」と名付け、産地ならではの食べ方をPRしている。【大迫麻記子】

 地元の県立富岳館高校では昨年から、落花生を使った商品作りを始めた。その第1弾が富士山をイメージしたお菓子「落花糖」だ。田島聖也教諭(33)と6人の生徒がアイデアを出し合い、発売を決めたという。作り方はこうだ。

 フライパンに落花生を入れて、砂糖とハーブを煮出した青い液体をからめる。10分ほどいると、豆に薄青い…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1320文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです