メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ

2割「ネット」 県連絡協、対策強化へ連携確認 /新潟

 学校内でのいじめ対策について県教育委員会や県警、県臨床心理士会など関係団体が話し合う今年度の「県いじめ問題対策連絡協議会」(議長・池田幸博県教育長)が25日、新潟市内で開かれた。下越地方の県立高3年の男子生徒が先月、インターネット上でのいじめを苦に自殺したとみられるなど、ネットいじめ問題が深刻化しているとして、関係機関が連携して対策に取り組む方針を確認した。

 協議会では県教委が、2016年度末までの2年間に県内高校で認知したいじめ件数のうち、約2割がネット…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです