生駒ケーブル

100周年 市の顔、さらに発展を 鳥居前駅でセレモニー 施設見学会開催 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
くす玉開披などで生駒ケーブルの営業開始100周年を祝ったセレモニー=奈良県生駒市の鳥居前駅で、熊谷仁志撮影
くす玉開披などで生駒ケーブルの営業開始100周年を祝ったセレモニー=奈良県生駒市の鳥居前駅で、熊谷仁志撮影

 8月29日に営業開始100年を迎える「近鉄生駒鋼索線(生駒ケーブル)」の「100周年キャンペーン」のオープニングセレモニーが21日、生駒市の鳥居前駅であり、くす玉開披などで国内初となる営業用ケーブル100周年を祝った。【熊谷仁志】

 式典では、小紫雅史市長が「生駒市の顔としてさらに発展を」とあいさつ。地元の認定こども園の園児らと、くす玉を割った。この後、通常…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

あわせて読みたい

注目の特集