特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

岡山大会 創志学園、長打攻勢11点 倉敷商はエースが締め4強 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高梁日新-創志学園】四回裏創志学園2死一、二塁、中山の適時三塁打で、小谷に続き一塁から岡本が還る=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで、戸田紗友莉撮影
【高梁日新-創志学園】四回裏創志学園2死一、二塁、中山の適時三塁打で、小谷に続き一塁から岡本が還る=岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで、戸田紗友莉撮影

 第100回全国高校野球選手権記念岡山大会(県高野連など主催)は25日、倉敷市中庄のマスカットスタジアムで準々決勝2試合があった。

 創志学園は高梁日新に対し、金山の3試合連続本塁打などで11点を挙げ、五回コールド勝ちした。倉敷商はエース引地が要所を抑え、長短打を交えた集中打で9-2と七回コールド勝ちで準決勝へ進んだ。

 26日は準々決勝残り2試合がマスカットスタジアムであり、ベスト4が出そろう。創志学園と倉敷商の準決勝は28日午前10時から同会場である。【戸田紗友莉】

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1262文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る