メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福田元首相

「改ざん、トップの責任」 「公務員研修、初任時から」

=藤井太郎撮影

 福田康夫元首相(82)は毎日新聞のインタビューに応じ、財務省の決裁文書改ざんなどについて、安倍晋三首相を念頭に「トップリーダーには全体的な責任がある」と述べ、事実関係の究明徹底と再発防止に向け指導力を発揮するよう求めた。また、公文書管理を巡って政府が20日に発表した再発防止策の検討段階で、公務員に対して初任者時から研修を徹底するよう政府に注文したと明らかにした。

 2009年成立の公文書管理法の制定を主導した福田氏は、公文書として記録を残す意義について「国を客観…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです