メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/7 雑学に通じ、数字と闘い

アイデア会議で意見を出し合う神山(奥中央)ら社員=東京都内で2018年5月18日、釣田祐喜撮影

 医療費未払い保険やサイバー攻撃保険など、世相を反映した新種保険はどうやって生まれるのか。5月18日、東京都内のあいおいニッセイ同和損害保険本社で、商品開発を担当する企業商品部の11人がアイデア会議を開いていた。

 「ユーチューバーは批判を受けないよう、すごく気を使ってしゃべっている。それだけリスクがある」。神山太朗(44)はユーチューバー向けに、批判的な書き込みが殺到する「炎上」の対策保険を提案した。「ユーチューバーの認定基準は?」「わざと炎上させる人が出るかも」。質問が相次ぎ、次回会議でも検討することになった。川崎彩奈(28)は、新入社員が辞めた場合、企業が採用にかけた費用を補償する保険を提案。同社人事部に聞き取りをして、ニーズがあるかどうか調べることになった。

 週1回の会議では、日常生活で思いついたアイデアを自由に発表する。多様な視点を生かすため、若手からベ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです