連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

カジノ誘致 万博とペア、大阪乗り気 リスク警戒、首都圏慎重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した。経済効果は建設段階で5兆円、運営段階で年約2兆円とも言われるが、国が観光や経済振興を優先し、例外的にカジノを認めるIRは全国で当面3カ所にとどまる。選定基準などを定める国の基本方針や政省令がそろうのは来年夏から秋で、さまざまな手続き後の、第1弾開業は2020年代半ばと見込まれる。1兆円規模の資金投入も辞さない海外の大手IR企業の売り込みや、地域間の誘致合戦が熱を帯び、早くも撤退気味の地域も。各地の動きをまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2069文字(全文2304文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集