メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

カジノ誘致 万博とペア、大阪乗り気 リスク警戒、首都圏慎重

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立した。経済効果は建設段階で5兆円、運営段階で年約2兆円とも言われるが、国が観光や経済振興を優先し、例外的にカジノを認めるIRは全国で当面3カ所にとどまる。選定基準などを定める国の基本方針や政省令がそろうのは来年夏から秋で、さまざまな手続き後の、第1弾開業は2020年代半ばと見込まれる。1兆円規模の資金投入も辞さない海外の大手IR企業の売り込みや、地域間の誘致合戦が熱を帯び、早くも撤退気味の地域も。各地の動きをまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2069文字(全文2304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです