メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

児童福祉司の仕事って? 虐待などに対応 人手足りず2000人増目標=回答・藤沢美由紀

 なるほドリ 子どもへの虐待(ぎゃくたい)のニュースで「児童福祉司(じどうふくしし)」って言葉がよく出てくるね。どんな仕事なの?

 記者 児童福祉司は、都道府県などの児童相談所(児相(じそう))で働く専門職(せんもんしょく)です。子どもや保護者からの相談に乗ったり、どんな援助が必要か調べたり、必要な支援や指導をしたりします。虐待のほかにも、子どもの障害や非行、養子縁組(ようしえんぐみ)などさまざまな相談対応をしています。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです