メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

児童福祉司の仕事って? 虐待などに対応 人手足りず2000人増目標=回答・藤沢美由紀

 なるほドリ 子どもへの虐待(ぎゃくたい)のニュースで「児童福祉司(じどうふくしし)」って言葉がよく出てくるね。どんな仕事なの?

 記者 児童福祉司は、都道府県などの児童相談所(児相(じそう))で働く専門職(せんもんしょく)です。子どもや保護者からの相談に乗ったり、どんな援助が必要か調べたり、必要な支援や指導をしたりします。虐待のほかにも、子どもの障害や非行、養子縁組(ようしえんぐみ)などさまざまな相談対応をしています。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです