メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

制度を考える/中 公用メール避け、官僚は抜け道探し

中央省庁の電子メールの内容が明るみに出ることで、省庁にとって「不都合」な事実が明らかになっている。メールは「個人のメモだ」とする官僚の意識を変えることはできるのか

 政府は昨年末に電子メールの公文書化を促すガイドライン改正をしたが、「公文書を残す」という意図に逆行する行為が今も横行していることを複数の官僚が証言した。個人メモ扱いで隠したり、無料通信アプリを利用したりするなど抜け道もあり、欧米に比べて公文書管理の遅れが目立っている。

紙に印刷して回収 隠して「個人メモ」?

 「メールは拡散、流出しやすいから」。中央省庁の職員の一人が、役所内での連絡や報告が公文書として記録されないように、メールを使うことを避けるようになったことを明かした。

 この職員はこれまで、国会議員から要望などを受けると、議員とのやりとりをメールソフトを開いて打ち込み…

この記事は有料記事です。

残り2232文字(全文2520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです