連載

2018自民党総裁選

相次ぐ政府の不祥事で安倍晋三首相の求心力が低下する中、9月に行われる自民党総裁選への動向を探る。

連載一覧

2018自民党総裁選

岸田氏不出馬 派閥分裂回避に腐心

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選立候補見送りについて派閥幹部らと並んで記者会見する岸田文雄政調会長(左から2人目)=東京都千代田区で2018年7月24日、竹内紀臣撮影
自民党総裁選立候補見送りについて派閥幹部らと並んで記者会見する岸田文雄政調会長(左から2人目)=東京都千代田区で2018年7月24日、竹内紀臣撮影

 9月の自民党総裁選への対応が注目された岸田文雄政調会長が24日に立候補見送りと安倍晋三首相(党総裁)支持を表明した。主戦論と慎重論に分かれた自身の派閥を割らないよう腐心した末の決断。しかし、これまでのあいまい戦略は「何をしたいのか分からない」(首相に近い議員)と疑心暗鬼を生み、細田派、麻生派、二階派が支持を決めた後の決断には「乗り遅れだ」との冷ややかな見方が党内に広がっている。【小田中大】

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文976文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集