メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

岸田氏不出馬 派閥分裂回避に腐心

自民党総裁選立候補見送りについて派閥幹部らと並んで記者会見する岸田文雄政調会長(左から2人目)=東京都千代田区で2018年7月24日、竹内紀臣撮影

 9月の自民党総裁選への対応が注目された岸田文雄政調会長が24日に立候補見送りと安倍晋三首相(党総裁)支持を表明した。主戦論と慎重論に分かれた自身の派閥を割らないよう腐心した末の決断。しかし、これまでのあいまい戦略は「何をしたいのか分からない」(首相に近い議員)と疑心暗鬼を生み、細田派、麻生派、二階派が支持を決めた後の決断には「乗り遅れだ」との冷ややかな見方が党内に広がっている。【小田中大】

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文976文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです