メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

勢い欠く2025年大阪万博誘致 関西経済界は気概示せ=宇都宮裕一(大阪経済部)

経済界が開いた「大阪新年互礼会」で万博誘致実現をアピールする出席者=大阪市北区で1月4日、久保玲撮影

 2025年国際博覧会(万博)の大阪への誘致活動で、旗振りの一端を担うべき地元・関西の経済界に今一つ盛り上がりが感じられない。誘致が実現した際の会場建設費約1250億円のうち400億円強を経済界が負担することになっているが、集め方も決まっていない。地元に熱意がなければ、ライバルのアゼルバイジャン、ロシアとの誘致レースには勝てない。開催に批判的な見方も少なくない万博だが、地盤沈下が止まらない関西経済を浮揚させる好機となる。行政ばかりでなく、関西という土地を地盤に成長してきた企業を中心に、もっと盛り上げの機運があってもいいのではないか。

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文2027文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです