メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・社説、オピニオン

旧優生保護法 政治の闇の解明も=鳥山淳・沖縄国際大教授

 まだ肝心の映画を見ることができずにいるのだが、毎日新聞6月21日夕刊特集ワイド「同じ過ちを犯さぬために」で紹介されていた監督の一言が頭から離れない。映画「ゲッベルスと私」のクレーネス監督は、第二次大戦へと向かっていく1930年代と現在とを重ね合わせながら、「私たちの中にある『人間としての何か』は変わっていないのではないか」と問いかける。それは明瞭な言葉で説明できない「何か」なのだが、たしかに「私たちの中」にあり、時として人々の心を占拠し、社会を支配することがある。

 同6月25日朝刊で4面にわたって資料の詳細を掲載した「旧優生保護法を問う」は、まさに戦後日本社会に…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文805文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです