メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車各社

高級車の店、様変わり 販売よりブランド発信

カフェスペースを設け気軽に入りやすくしたジャガー・ランドローバー・ジャパンの店舗=東京・銀座で2018年7月19日、竹地広憲撮影

 中高年の男性顧客が中心の高級車市場を女性、若者にも拡大しようと、自動車各社がブランドのイメージや理念などを発信する新しいタイプの店舗の運営に力を入れ始めた。その場で販売しない「売らない店」も浸透し、店作りが様変わりしつつある。【竹地広憲】

 英ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月、東京・銀座に新店舗を開設した。ブランドの歴史を伝えるパネルや主力2車種を展示。試乗はできるが、直接販売はしない。カフェスペースでは、来客がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で店の情報を発信すると特製飲料が無料で飲める。担当者は「若いビジネスワーカーや家族連れに気軽に寄ってもらい、ブランドのイメージ、世界観を知ってほしい」と語る。8月には子供向けのロボット操縦体験教室と親の試乗体験を組み合わせたプログラムも開催予定。これまで「50代以上の男性が中心」(担当者)だった顧客層の拡大が狙いだ。

 国内の自動車販売市場は、少子高齢化やカーシェアリングサービスの普及などで需要の低迷が予想される。顧…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです