メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

勝海麻衣さん=銭湯絵師を目指す東京芸大院生

勝海麻衣(かつみ・まい)さん(24)

 全国で減少の一途をたどる銭湯。浴場の壁に富士山などのペンキ絵を描く「銭湯絵師」は現在、3人しかいない。伝統の技術を受け継ごうと、現役最高齢の丸山清人さん(82)の下で修業中だ。

 小学2年の時、伊豆への家族旅行の帰りに立ち寄った銭湯で初めてペンキ絵を見て、「こんな大きな絵を描いてみたい」と思った。中学生の時、インターネットで調べて丸山さんの存在を知る。高校卒業後の弟子入りも考えたが、まず基礎を学ぼうと武蔵野美術大に進学。大学時代は舞台の背景画を手がけた。

 昨年9月、丸山さんの個展で初めて顔を合わせ、それ以来、仕事にも同行してきた。「丸山さんに出会うまで、『技術があってこそ』という思いもあった。でも、丸山さんの繊細かつ、大胆な絵に人としての深みを感じた。絵に向かう気持ちを学んでいる」と話す。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです