メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

勝海麻衣さん=銭湯絵師を目指す東京芸大院生

勝海麻衣(かつみ・まい)さん(24)

 全国で減少の一途をたどる銭湯。浴場の壁に富士山などのペンキ絵を描く「銭湯絵師」は現在、3人しかいない。伝統の技術を受け継ごうと、現役最高齢の丸山清人さん(82)の下で修業中だ。

 小学2年の時、伊豆への家族旅行の帰りに立ち寄った銭湯で初めてペンキ絵を見て、「こんな大きな絵を描いてみたい」と思った。中学生の時、インターネットで調べて丸山さんの存在を知る。高校卒業後の弟子入りも考えたが、まず基礎を学ぼうと武蔵野美術大に進学。大学時代は舞台の背景画を手がけた。

 昨年9月、丸山さんの個展で初めて顔を合わせ、それ以来、仕事にも同行してきた。「丸山さんに出会うまで…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです