特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-阿久津主税八段 第2局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

苦しい阿久津

 三浦は図の局面をこう解説した。「次に[先]5六歩と突き、以下[後]同歩[先]3九飛となれば角を捕獲できる。それを嫌って[後]3八角成[先]同金は思惑通り。基本的に飛車角交換は歓迎。こちらが恐れるのは押さえ込みです。[先]4八金と飛車にヒモをつけた手は利かされのようですが、飛車角交換が約束され、視界が広がりました」

 午後6時。阿久津が考慮中、夕食休憩に入った。しばらく両者、盤の前から離れなかった。その後三浦が先に席を外しても阿久津は考えていた。形勢が苦しいのだ。図から[後]3八角成[先]同金[後]3七歩成は[先]5一角打[後]同飛[先]同角成[後]同玉[先]3五桂[後]2二金[先]4三桂成[後]同銀[先]3一銀で先手勝ち。単純な攻め合いは、玉の堅さが違い過ぎて話にならない。この変化に備えて[後]5二金と引く…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文743文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集