メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

美容医療クリニックの広告 価格や施術でトラブル

イラスト・大谷紬

 美容医(い)療(りょう)クリニックのウェブサイトで広告を見て受(じゅ)診(しん)したあと、価格や施(し)術(じゅつ)内容でトラブルになるケースが多発している。今(こ)年(とし)6月、改正医(い)療(りょう)法(ほう)などの施(し)行(こう)で、施術前後の違(ちが)いを示す「ビフォーアフター」写真の原則掲(けい)載(さい)禁止といったウェブサイト広告の規制が導入されたが、注意が必要だ。

 足の太さを悩(なや)んでいた近(きん)畿(き)地方の20代の女子学生は、注射で足を細くするとうたったクリニックのサイトを見て受診した。4回分で120万円と言われ、払(はら)えないと断ると「モニター価格で半額にする」「アルバイト先を勤務先としてローンを組めばよい」などと言われて契(けい)約(やく)してしまった。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです