メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

「世界一小さな科学館」の10年=鴨志田公男

 ノーベル化学賞を受賞した白川英樹博士が「入り口から帰るまで驚きの連続でした」と激賞する科学館が、神奈川県逗子市池子にある。

 2階建て約100平方メートル。世界一小さな科学館をうたう「理科ハウス」。森裕美子館長(62)は、地域に根ざした科学コミュニケーションが評価され、今年の科学ジャーナリスト賞特別賞を受賞した。

 まずは玄関。ガラス箱の上に、傾斜のついたプラスチック製のといが載った手作りの入館料徴収機がある。と…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです