メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 写真の娘、そばに居る 浴衣姿や好物ほおばる顔 母の喪失感は埋まらず

長女が描いた絵や「まま」と書いた文字を見る母。長女を思い出し、涙することもある

 タンスの上、床に敷いた布団のそば、部屋の壁。事件から1年を過ぎた頃から、家の至る所に娘の写真を飾り始めた。夏祭りで化粧をした浴衣姿、ソフトクリームをほおばり満足そうな顔。娘が見守ってくれているような気がする。【木下翔太郎】

 入所者19人が殺害された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件から、26日で2年になるが、事件で26歳の長女を失った神奈川県内の母親は、日を追うごとに増す喪失感に苦しむ。さみしさを埋めようと飾った写真も、見つめると涙がこみ上げることがある。そんな時は、涙を流すだけ流して娘をいとおしむ。

 3歳の時に自閉症と診断を受けた娘は、言葉の意思疎通は苦手だったが、水遊びが好きで活発な子だった。保…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文951文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです