特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

不法投棄土砂、住宅目前に 崩落防止工事中に豪雨 京都・伏見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市伏見区の大岩山(標高189メートル)の南側斜面で、不法投棄や無許可造成を理由に崩落防止の工事中だった土砂が、今月5~7日の西日本豪雨で崩れ、ふもとの農業用ため池を埋め尽くした。関係者が25日、明らかにした。ため池の10メートルほど下からは住宅街。市の指導で業者による工事は再開され、ため池の土砂も撤去される計画だが、作業の完了時期は未定。住民は台風シーズンを前に不安を募らせている。

 土砂崩れは豪雨後の今月8日ごろ、住民が気付いた。山頂付近から樹木や竹林をなぎ倒して沢筋を約400メートル下まで流れ落ち、ため池(縦27メートル、横15メートル、容量600立方メートル)にたまって、せき止められていた。約10メートル下には民家があり、その近くには幼稚園もある。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文771文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集