メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

濁流見え15分「一気に家に水」愛媛・肱川

大成橋近くの集落は肱川が氾濫し一気に浸水した=愛媛県大洲市森山で2018年7月7日、自営業男性提供

 西日本豪雨で肱川(ひじかわ)が氾濫し、4人が死亡、1人が行方不明となっている愛媛県大洲市は、市の管理する橋が500近くある「水郷」として知られる。満水に近付いた鹿野川ダムで安全とされる基準の6倍の量が放水された後、下流の主要橋「大成(おおなる)橋」(同市森山)は橋脚がもがれ、橋ごと流された。複数の住民の証言で、濁流がすさまじい速さで集落に押し寄せ、急激に水位が上昇した状況が明らかになってきた。

 「ドーン、ドーン」。7日午前9時ごろ、肱川の右岸にある「JA愛媛たいき大川出張所」で働いていた朝日…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです