メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島

桜島大噴火を想定 車の走行実験で立ち往生相次ぐ

 鹿児島市は26日、同市有村町の桜島・溶岩採石場跡地で、桜島の大規模噴火による大量降灰を想定した車両走行実験を実施した。桜島で1914年に58人の死者・行方不明者が出た「大正噴火」級の噴火があれば、風向き次第で火山灰や軽石が約1メートル積もる恐れがある。住民避難の大きな妨げになるとみられ、市は実験を広域避難などの対策マニュアル作りに生かす方針。

 桜島を含む姶良(あいら)カルデラの地下には、2020年代に大正噴火の放出量に匹敵する地下マグマが蓄…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです