メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皆既月食

28日未明から早朝に 火星と月食の共演も

東京での皆既月食の推移と火星の位置

 満月が地球の影に隠れる「皆既月食」が28日未明から早朝にかけ、北海道を除く国内のほとんどの地域で起こる。今週末にかけ台風12号が日本列島に接近するが、運よく晴れた地域では、地球に最接近中の火星と月食のランデブーが見られる。

 皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並び、地球の影に月が入る現象。国立天文台によると、月は午前3時24分に欠け始め、皆既食は午前4時半から午前6時14分まで続くが、東京では午前4時49分に月が沈む。北海道では部分月食のまま月が沈む。

 皆既食中の月は、太陽光が地球の大気で屈折・散乱するため、赤黒い「赤銅(しゃくどう)色」になる。国立天文台によると、今回は部分月食が始まる高度が低いため、皆既前から赤く見える可能性があるという。

 日本で皆既月食が見られるのは今年2回目で、次は2021年5月26日。【伊藤奈々恵】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです