メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣府

民泊などシェアエコ市場 5000億円超と試算 

シェアリングエコノミーの市場規模

 民泊やフリーマーケットアプリなど、主に個人がインターネットを介してモノや場所などを共有(シェア)する「シェアリングエコノミー」について、内閣府は25日、2016年の市場規模が最大で5250億円に上るとの試算を初めて公表した。国内総生産(GDP)に反映すれば、950億~1350億円押し上げる可能性があるという。

 内閣府と総務省が各種統計を基に、4種類に分類して市場規模を推計した。民泊などの「スペース(空間)」…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです